政策

1. まずは経済成長。そしてそれを実感できる環境作り!

1

  • 名目3%程度、実質2%程度の経済成長を目途とし、雇用・所得の拡大に尽力します。
  • また、大都市のみならず、地方においてもこうした景気回復が実感できるまで「量的・質的金融緩和」が継続されるよう注視します。
  • 経済の更なる活性化のために、ベンチャーや第二創業など新規・成長企業を応援します。

2. 日本を支える中小企業・小規模事業者を熱烈に支援!

2

  • ABL等の個人保証の代替手法の充実や、個人保証がなくとも融資が受けられる金融の枠組み作りに取組みます。
  • また、市場は既に整備されているものの、近年起債が停止しているCLO等によるファイナンスの復活を目指す等、中小企業・小規模事業者の資金調達のパイプを太く、そして多様化するよう尽力します。
  • 頑張る中小企業が、大企業との取引において不当な発注・値引き、契約を余儀なくされることのないよう、公平・公正な取引環境の整備に取り組みます。

3. 世界で活躍できる人材育成!

3

  • 英語教育の充実は勿論ですが、国際的なコミュニケーション能力を身に付けた人材を育成する環境作りに取り組みます。
  • 国旗・国家、わが国の歴史・文化、道徳を尊重する人材を育てます。

4. 災害に強い街作り!

4

  • 首都直下地震等に備え、都市防災の強化に取り組みます。
  • 木造住宅密集地域における不燃化・耐震化、老朽化した交通インフラの再整備、宅地や港湾等の液状化対策等に注力します。
  • ゲリラ豪雨等に備えた河川・堤防の改修等に尽力します。